ヴァルハラプライベートクラブと自分について

このことについてばかり考えていますね。

自分について見直す時間を作ってみました。

まず、なぜ、薦めたいのか?ヴァルハラプライベートクラブについて書いているのは少なからず?薦めたい気持ちがあるからだと思う。それは何故なのか。怪しい気持ち、やましいなどない。純粋な気持ちなのだが、それを証明はしにくいだろう。

人は、お金を儲けたいと思ったときに、いい話があれば秘密にしたいものだろうか?

それは何のために?

人数に制限があればわかるがそうでないのであれば、皆が幸せになるために、教えてもいいはずだ。そういう気持ちが皆にないから世界は平和にならないのか。

と、大袈裟なことを言ってみましたが。

こんなことを言ったって、伝わらないものだ。文字だからというのもある。

面と向かって話せばわかることも、文字だと伝わらないものだ。ましてや、知らない人なのだから。と、前置きが長くなりましたが。

人は誰だって幸せになりたい。豊かな暮らしがしたい。その為に、お金というのは、必要不可欠なのだ。この、時代に生きるにおいて。そしてそうそううまい話がないのも知っている。お金を稼ぐにはこつこつ稼ぐしかないのだ。しかし、こつこつ稼いである程度、お金を手にしたときには、ここからはこつこつ稼ぐではなく、持っているお金を使って、運用すればいいのである。と、同時に、こつこつも働く。別で。

その、運用っていうのを、どこでやるかが問題なのである。損はしたくない、してほしくない。どこに預けたってリスクはつきものなのである。しかしヴァルハラの説明を読めばノーリスクとある。こんなことがありますか。あとは、信用問題。そして、実際にどうなのかである。自分や自分の周りの意見が全てではないが、耳を傾けてくれてもいいのではないだろうか。どこで、資産運用をしようかって考えた場合に、候補の一つとして考えてもいいのではないだろうか、と思うのである。

お金がないと、お金のことばかりが頭にある。そんなのでは、日々の暮らしが楽しくない。

お金持ちにはなりたいが、大きいことはいわない。少しの余裕が欲しいのである。

大事な人が困っているときに助けてあげられるような、少しの余裕が。

自分の気持ちはこんなところだ。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOPTOP