アフィリエイトファクトリー

“アフィリエイトの底の部分”を学べるので、小手先なテクニックに頼らずに稼げますし、一度手に入れてしまえばずっと使い続けることができます。アフィリエイトファクトリーは2008年に販売がスタートした商材ですが、書かれているノウハウは色あせてはいませんし、今だにこの商材に勝る商材は存在しません。その理由は明らかで、「稼げるキーワード」を選べてないから。1月の下旬になってからやっと本腰を入れたような形です。しかし、仮に上位表示できたとしても「すぐライバルに抜かれる」ことになりますし、慣れないSEO対策を施して、Googleのペナルティを喰らうのがオチ。

アフィリエイトファクトリーを実践することで、「物販アフィリエイトで稼ぐ方法」が一から学べます。そのため、『アクセス数が1でも成果を挙げられる』物販アフィリの方が遥かに稼ぎやすいはずなんです。これに尽きます。現段階で公開している記事数は約「50記事」で、とりあえず100記事を超えたらアフィリエイトプログラムを本格的に入れ込んでいこうかなと。同じようにアフィリエイト広告をそれぞれの記事にマッチしてあげれば、あとは簡単に稼げるようなサイトには出来上がっているのですが、私の性格上「全て構築し終えたら」がモットーなので、今は、「稼げるけど、とりあえずアドセンスで収益を上げている」という非常にもったいない状態になってます。

まだまだ製作途中で、ページビュー数や滞在時間は低めですし、直帰率もかなり高めです。キーワード選定さえしっかりすれば、こんなのは誰でも出来ます。「この商品を買いたいと思うのはどんな人か?」「どういうキーワードで検索するのだろうか?」などの基本部分がゴッソリと抜けてしまっていて、誰のためのアフィリエイトなのか?何のためにやっているのか?が全く把握できていない状態に陥ってしまっています。正直「量産」はオススメしませんし、市場調査を行うのであれば、パワー型のサイトの下層ページでも十分検証はできますので、↑この部分が気になるという方は「sagihigaihoukoku@gmail.com」までお問い合わせください。結論から言うと、キーワード選定ができれば、黙ってても成果は上がってきますし、ライバルのことを気にする必要もありません。

いわゆるロングテールSEOと呼ばれるものなんですが、コレをやることによって、そこにはライバルがほとんどいないわけなので、簡単に上位表示できますし、万が一Googleで大変動が起こっても全く関係ありません。アドセンスはある程度アクセスが集まるようになれば、ほぼ放置状態でも継続的に収益を上げることができるのですが、初心者にとっては「ある程度アクセスを集める」のはかなりハードルが高め。これまで数多くの「サイトアフィリエイトで稼ぐ方法」と謳った情報商材を見てきましたが、これほどアフィリエイトの本質部分を一から学べ、再現性が高いノウハウは他に存在しません。私は今「A8.net」というASPを軸として物販アフィリエイトを行っているのですが、最近、新しく美容ジャンルに参入しました。月収10万、20万くらいなら簡単に達成できてしまいますから、あとはやるかやらないか?だけだと私は思います。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOPTOP